給付金の対象者とは

注射器B型肝炎給付金の対象となっている方は、1941年7月から1988年1月の間に生まれた人たちです。この期間内に生まれた人たちはB型肝炎予防接種を受けています。予防接種の際に注射器を使い回していたためB型肝炎に感染してしまう人は少なくなく、型肝炎に感染してしまう人は少なくなく、ここでの感染者のことを一次感染者と呼んでいます。またこの期間に感染した母親から母子感染をする可能性も高く、そのような方もB型肝炎給付金を受け取る権利があります。

こうした期間に該当する形で、B型肝炎に感染してしまっている方はいよいよ訴訟手続きに移ることになります。そこで必要な流れとしては証拠資料を集めること、裁判所へ提訴すること、そこで和解協議をすること、そして和解調書の作成をすることなどが含められます。中でも一番時間を費やすのが証拠の資料を集めることでしょう。十分な証拠を必死で集めたとしても裁判所に提出された際にその資料を精査するためのある程度の期間も必要となります。しかしそのようにしてB型肝炎訴訟の手続きを全て行うことができれば和解交渉がスムーズに進むのです。もしもB型肝炎に感染している場合にはなるべく早めに弁護士に相談し、査証手続きを進めることをお勧めをします。