B型肝炎の給付金とは

B型肝炎の給付金という制度をご存知でしょうか。B型肝炎とはそもそもB型肝炎ウイルスに感染してしまうことによって発症する病気です。以前予防接種やツベルクリン反応検査などの際に注射器を使い回すことによってこのB型肝炎が非常に広く感染してしまうケースが相次ぎました。その為国はB型肝炎に感染した人たちに対する救済措置としてB型肝炎給付金の制度を設けたのです。これをB型肝炎特別措置法と言われます。集団予防接種で注射器が使い回されていた期間は40年ほどにも分かりますので、B型肝炎に感染している人は非常に多くいる可能性があります。しかしながらこの給付金制度を利用している人はその中のほんの一部と言えます。夏ならB型肝炎の給付金をもらうためには訴訟を起こさなければならず、そこでの和解が成立してから支払えるものだからです。

給付金裁判などとは程遠い生活を送っている一般の人にとって訴訟を起こすというのは非常にハードルが高いことです。そのためB型肝炎に感染していたとしてもこの制度を利用して辛く感じる方は少なくありません。しかしそのような時にも弁護士を利用することによってB型肝炎給付金をスムーズに受け取ることが可能となるでしょう。弁護士は様々な書類の準備や、裁判所への手続きなどを代行してくれるだけでなく、B型肝炎給付金の中から報酬を何パーセントかに設定しているため、成功報酬としてしか報酬を受け取らないということも少なくありません。